明石だこを守り続けて100年 金楠水産株式会社

  • HOME
  • 本物の明石だことは
  • 明石のたこ職人
  • 匠おすすめタコ料理
  • 会社概要
  • お問い合わせ

本物の明石だことは

『明石だこ』ブランドの危機。

実は、明石だこのブランド定義は曖昧で、どこからどこまでの漁場で獲れたものが明石だこなのか、
明確になっていません。
明石市以外で水揚げされたタコを明石だことして流通しているのが現状です。
かねくすでは明石市内の漁港で水揚げされたタコだけを明石だことして取り扱っております。

神戸観光壁紙写真集 http://kobe.travel.coocan.jp/


いちばん美味しいから明石だこ。

かねくすでは創業以来100年間、主に明石海峡の『鹿ノ瀬(しかのせ)漁場』周辺で獲れた真ダコを明石だことして取り扱っています
私たち、明石の港町で生まれ育った人間にとっては、鹿ノ瀬の真ダコこそ『明石だこ』であり、どこのタコよりも美味しいと感じています。
そのおいしさが全国に知れ渡り、タコといえば明石産が最高と言われるようになりました。
私たちにとっては鹿ノ瀬漁場のタコこそ『本物の明石だこ』。日本でいちばん美味しいといわれるタコです。


日本有数の好漁場、鹿ノ瀬。

"魚の宝庫""天然のいけす"といわれるのが鹿ノ瀬漁場。
鹿ノ瀬はタイ、チヌ、スズキなどの産卵、生息場所になっており、良質のプランクトンや、小魚、エビ、カニ等の甲殻類が集まります。そんな贅沢なエサを沢山食べているため、明石だこは上質な甘みと、噛むほどに海の香りが溢れ出るような濃厚な味わいが生まれます。
そしてなんといっても潮の流れが速く、タコは流れの速い潮でしっかり踏ん張るため「明石のタコは立って歩く」と言われるほど足が太く筋肉質の上物が育ちます。これこそが、タコのおいしさを決めるプリプリの歯ごたえを生み出すのです。鹿ノ瀬漁場こそ、タコにとっては最高の環境なのです。

私たち かねくす は、本物の明石だこにこだわり続けます。

明石だこ専門店